想い事

いつも側に

花一色(はなひといろ)

黄昏は花の色
ひそやかな心の色
逢いたくて逢えなくて
静めても騒ぐ気持
人の夢とペンで書けば
儚いって読むのですね
好きでした好きでした
あなたへの花一色

野菊手に駆け寄った
夏の日はもう陽炎
幸薄い命だけ
吐く息で揺らすように
哀しみへと嫁いでゆく
私の瞳に涙の河
泣きました泣きました
あなたへの花一色

人の夢とペンで書けば
儚いって読むのですね
好きでした好きでした
あなたへの花一色


f:id:monnokimochi:20170705143719j:plain



たまたま耳にしたら、そのまま離れなくなりました。

哀しいけれど美しい曲だなと思います。