読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い事

いつも側に

愛おしい

あなたに対する不思議な気持ちがずっとありました。

自分でもよく分からないままに。


でも、他の方の言葉の中に「愛おしい」という文字を見つけ、目の前が明るくなる感じでした。


「ああ、これだ・・」と。


本当にあなたは愛おしい。


その言動も。存在さえも。


すごい人なのは分かっているし、なのに、どこかそんな風に思わせてくれます。



夜、寝ている猫に大きいタオルを掛ける時、目を細めて私をじっと見るのですが、その時と似た気持ちです。


同じにしてごめんなさい。

「愛おしさ」を表現したくて。




何の力もない私ですが、守りたい。


大切なあなたへ