想い事

いつも側に

オーラ

人に好かれる雰囲気の方はいますね。

なんだろう、オーラというかなんというか。

不思議なものに覆われている雰囲気。


でも、そういう人は必ずや人気者で、容易く近付けない(笑)


ましてや、自分はおとなしく(暗いとも言う笑)、その人から見えてもいないかも。


でも、注目されるのは苦手だからそのくらいがいいのかな。


書きながら意味不明・・


そうそう、人誑しは存在するというお話でした。


ほんとにほんとに少ないけれど、ね。

広告を非表示にする

日の光

おてんと様のお使いが
そろって空をたちました。
みちで出会ったみなみ風、
(何しに、どこへ。)とききました。

ひとりは答えていいました。
(この「明るさ」を地にまくの、
みんながお仕事できるよう。)

ひとりはさもさもうれしそう。
(わたしはお花をさかせるの、
世界をたのしくするために。)

ひとりはやさしく、おとなしく、
(わたしはきよいたましいの、
のぼるそり橋かけるのよ。)

のこったひとりはさみしそう。
(わたしは「かげ」をつくるため、
やっぱり一しょにまいります。)


(金子みすゞ)

広告を非表示にする

由来

「もん」は、門ではありません(._.)


好きな女性漫画家さんの、飼っていた猫ちゃんの名前です。

その猫ちゃんは、もう亡くなっているのですが、そこから頂きました。


猫は昔から好きです。

好きというか、体の一部みたいな、空気みたいな、無いと生きていけないかもです(笑)


というか、だいたい生き物は何でも好きなんですけどね。

一番は、猫かなというだけで。


人間も生き物なのにな。

脳ばっかり大きくなって、変なことになってしまったのかな。


などとぼんやり思う、梅雨の一コマ。

広告を非表示にする

独り言

ASKAさんネタではないので、興味のない方は読み進めないで下さい(._.)





たまたま耳にした音楽。

一度も聴いたことがない曲。


なのに、映像が頭に浮かび、まるでドラマか映画でも観ているような。


すごい人というのは何かしら感じていたけれど、涙が止まらなくなったのは初めてでした。


歌詞の中の運転手さんが、本当に優しい。

こんな歌詞を書けるこの人も、きっと優しい人なんだろうな。


私の大切な曲の一つになりました。



中島みゆき

タクシードライバー

広告を非表示にする

「東京」

歌詞にかわいい部分があり、とても好き


テントウムシみたいな形の車

色とりどりの屋根のお家たち


そして、カメラ目線のお茶目なASKAさんも好き



ももしアップされるなら、「通り雨」がいいなぁ


なんて、ニンマリできる時間が幸せ


本当にありがとう

ヽ(´▽`)/

広告を非表示にする

お詫び

現在、コメント欄はお休みにしています。


私自身、ASKAさんの言動等により、気持ちの上がり下がりが著しく、下がっている時は、周りのことが把握できなくなり、ご迷惑を掛けてしまうことがあるかもしれないと思ったからです。


落ち着いたら、またぼんやりと戻しているかもしれません。


勝手を言ってすみません。

いつもありがとうございます。

広告を非表示にする

センス

ASKAさんが、楽しそうで幸せ・・

(´ー`)


私もその場にいたかったなぁ。

絶対照れて近寄れないから、何気にミッキー焼きのお手伝いでも・・

私が手伝うと、さらに不思議なことになるかもしれないけど・・


ASKAさんは、リヤカー引こうと何しようとかっこいい!(笑)


ちなみに、私は全盛期の頃からのファンではないのです。

ここのブログが始まってくらいからだから、でも、それでも一年なんだなぁ。

時の流れは走馬灯。

見逃してしまうほどに早いです。


とにかく、笑いのセンスが抜群のASKAさんのこと、大好きなのです。

(。-_-。)

広告を非表示にする